やっぱり、口下手だと女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)にモテないのでしょうね?お笑い芸人の明石家さんまさんなどは、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)とは真逆のお喋り上手な方とはいえ、ルックス(容貌、顔立ちのことをいいますね)やドラマの印象も手伝って、若い頃から現在に至るまで大変モテモテなでしょうね。よくお笑い芸人(お笑いタレントと呼ぶこともあるみたいですが、お笑い芸人とか、芸人の方がよく使われますね)は不細工でもモテると呼んでいるのですが、話術に長けた人はそれだけ女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の心をつかむ能力が高いことは事実なのでしょうか?だからといって、口下手(対義語は口上手というそうです)だとモテないというのも、少し違うと思いませんか?寡黙で口下手(対義語は口上手というそうです)な男性の代表と言えば、高倉健さんを思い浮かべる方が多いですよね。高倉健さんは役柄でも寡黙で口下手な人を演じることが多く、「不器用なので」といったセリフがとても有名なことですよね。しかし、高倉健さんは、その男らしい外見や映画の?象もあり、男女双方から大変人気の方になりますよね。そう考えれね、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)だからモテないと言うものは少し違うのかもしれないのです。ここで間違えないで欲しいのは、口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)と人の心を読まないのとは、全然別のということです。口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)と言うものは、自分の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を上手く表現できないことです。もし、あなたがご自身の言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)で誰かを怒らせたりする事が多いとしたら、それは口下手なのではなく、相手の気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)や場の空気を察せずに、不用意な言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)を発するのが要因です。まず、自分がどちらのタイプなのか判断してください。ご自身の主張を伝えることより、相手の気持ちを常に考えた言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)を心がけていれば、口下手でも女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)からの信頼を得ることが出来るものなんですー